THE BITE production

2011.06.23 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2011.01.14 Friday
 どもども酒井す。

ブログを書くのは久々すね。
ツイッターが気楽かつ面白くてね〜ムハハ。

ブログやツイッターで皆さん御存知だと思いますけど、ドラムのデヴィ君が腰の骨を折ってしまってね。
バンドは大変な事態になってますよ。でも1番大変なのはデヴィ君自身なワケで。
1日も早く治して復帰してもらいたいもんですね。

ザ・バイト新年1発目のライヴになる予定だった大阪十三ファンダンゴでのライヴは、キャンセルする方向で話もまとまっていたんすけど、

「いいじゃんいいじゃん酒井さん一人で来りゃいいじゃん!俺らがバックやるから来りゃいいじゃん!」

というおとぎ話の有馬君のありがたい(?)一言により、大阪に単身赴任することが決まりました。

急な話なんでもちろん全曲覚えてもらうのはムズイので3曲程

「酒井大明とおとぎ話」

でカマさせていただきマス!

で、4曲程ワタクシの弾き語りもカマさせていただく・・と。

弾き語りやって、バンドでも演奏してって・・う〜ん!なんかボブ・ディランみたいじゃないか(笑)!こういうライヴやりたかった!
バンドが動けないからってネガティブに考えずに、ポジティブにイカないとね。

昨日おとぎ話がアルバムのプリプロやってるスタジオにオジャマして練習して来たんだけど、とても新鮮なグルーヴに満ち溢れてました。

若さが溢れるリズム隊に、一番若いくせにシヴイフレーズを紡ぐギタリスト・・!
最高のバンドです!

大阪のバイトヘッズにザ・バイトを観てもらえないのは大変残念だが、これはこれで楽しいライヴになります(決定事項)!

おとぎ話のファンの方にもこれはこれで楽しんでもらえるんではないかと・・。
三つ編みのオッサンがステージに出て来ても温かい目で見守ってくださいね(笑)。

110113_1722~010001.jpg

おとぎ話のスタジオ風景。実にシヴイ録音スタジオでした!
若きイケメン天才ギタリスト牛尾君と共演するのは夢だったので、本番もとても楽しみだ。
ちなみに最近出た彼らの7インチシングルは片面がステレオで片面がモノラルという非常にシヴイ一品になっている。皆さんもライヴ会場でゲッツ(ダンディ)!

というワケでバイト・ヘッドの皆さん!明日ファンダンゴであいましょう!

大阪に新幹線で行くのって7〜8年ブリかもな・・。
では股〜。
| 酒井 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
2011.01.05 Wednesday
やあどうも酒井す。

年末年始の休みの間に新曲を18曲は書こう!と思ってたけど無理すね(塩)。

新年会やったんだけど、去年の新年会からずっと「やれ!ヤレ!Do it!」と言われてきたツイッターを勢いでやることにしました。


これで見れるんじゃないかと。

ツイッターは使い方がよくわからないから、しばらくはテキトーな感じになるかと思われます。

新曲もちゃんと書きたいからブログもテキトーになるかもな!

__0001.jpg

ドキッ!オッサンだらけの新年会(笑)。

そいじゃ皆さん股ね〜。
| 酒井 | 00:45 | comments(1) | trackbacks(0) |
2011.01.01 Saturday
あけましておめでとうございます。
酒井でございます。

今年はねアルバム2枚は創りたいすね。それぐらいの気持ちでいます。
でも現実を考えるとムズイね〜。
「現実」と対話してると夢をみることも出来なくなるね。
「現実」と対話してると夢は危険な物に思えてくるね。
「現実」と対話してるとワタクシの考えは以前程重要ではなくなってくるね。
でもアルバム2枚創りたいね。それもまた「現実」なのだな。ふはは。

ところでさ映画観たのよ大晦日に。
ジョージ君とタロウとでさ。
ワタクシ映画って殆ど観ないんだけどさ、最高に面白い映画でした。

『キック・アス』という映画なんだけどさ。もう最高!

「ヒット・ガール」っていう女の子が出てくるんだけど

超可愛くて、超強くて、超残酷なの(笑)


敵になぐりかかってます(笑)!



映画観る人はこの動画観ないでね。
映画観ない人はこの動画で「ヒット・ガール」の恐ろしさを体験してね(はぁと)。



ヒット・ガール!カッコよ過ぎるぜ(はぁと)!!これから映画観る人は観ちゃダメよ!

これを機にロリコンになろうかと思ってしまう、年の瀬でございました(笑)。



そいでは皆さん!今年もこの下らないブログに御付き合いくださいませ〜。
| 酒井 | 21:44 | comments(4) | trackbacks(0) |
2010.12.30 Thursday
押忍!酒井でごんす!

ザ・バイトじゃないほうのバイトも終わりましたよ。
疲れたな。またヤケ酒だな。
もうすぐ今年も終わるな。
今年はどんな年だったかな。
ワタクシはね、「身の程知らずなのがわかった」年でしたね。身の程を知りましたよ、ええ。
これはこれでイイことだな。

でさ、いきなり話変わるんだけど、北川景子いるじゃない。俺好きなんすよ。知ってるか。
ウィキペディア観たらさ、北川景子にとってデヴィッド・ボウイって「ネ申」なんだって。
ほっほ〜成る程なるほど。幸いなことに(?)ワタクシも持ってますよボウイのアルバムは!
こりゃ久々に聴き込むかな。こういうきっかけって大事だよね(笑)。

そんでさ、北川景子とお茶でもしながらデヴィッド・ボウイ・トークだね。

原宿辺りで待ち合わせだね。駅前がいいかな。
こんな格好でさ↓


ワタクシ「おっす!どうもどうも!待った?」
北川「やだぁ!酒井さん超カッコいい!」

もしくはこんな格好で渋谷ハチ公前↓


ワタクシ「やぁ!待たせてゴメン!(昔中村トオルのラヂオ番組でこんなのあったな)」
北川さん「やだぁ!酒井さん激カッコイイ!ワタシ酒井さんの1番目のファンになってあげる!(このセリフ待っとった!)」

で、その辺の茶店(サテン)に入って注文だね。
もちろんこのポーズで↓


ワタクシ「すみません!ウェイターさん!苦いコーヒー2つ!」
景子さん「ヤバい・・酒井さんてばベルリン3部作!」

でさこっからはもうレコ自慢だね。デジタル世代(?)にアナグロの実力を見せつけるね。

101230_0239~01.jpg

ワタクシ「相変わらず写真がデカイな・・」
北景さん「・・?なんの話?」
ワタクシ「いやいや、こっちの話です・・。ところで、俺のアラジン・セインはUK盤なんだぜ!」
北さん「あ、ヤバい!メインマン・プロダクションて書いてある。ジーン・ジニーは最高だよね!」
ワタクシ「うむ、ジーン・ジニーは最高過ぎるね(はあと)。」

101230_0240~01.jpg

ワタクシ「ライコから出たアナグロ再発は表がオリジナルのジャケ・デザイン、裏が違うデザインなんだよ。」
景さん「出た!世界を売った男!このライコの再発盤は2枚組でクリア・ヴィニールなんだよね。」

101230_0241~01.jpg

ワタクシ「そのとうし!やっぱクリア・ヴィニールって美しくてイイね(はあと)。」

101230_0243~01.jpg

ワタクシ「ちなみにライコから出たベスト盤もしっかりUK盤す!」
景子さん「やっぱりUKのアーティストはUK盤で聴きたいよね。」
ワタクシ「しかしUKオリジナル盤はどれも高いからキライだ!」

101230_0246~01.jpg

ワタクシ「ジャケにある看板の「K.WEST」って「カニエ・ウエスト」と関係あるらしいよ。」
景氏「え!?マジすか?」
ワタクシ「知りません。ところでこのダジャレだけは言わせて欲しい。」
北景さん「何?」
ワタクシ「ジジィ・スターダスト(キリッ)」
北川さん「・・あぁ、うん。ワタシ撮影があるから緑山に行かなきゃ・・股ね(そそくさと去って行く)」

ワタクシ「スターマンのギターのリフって「太陽にほえろ」に影響与えてるよね・・(と、茶店で独り呟く)。」


ワタクシ「すんませんマスター!お会計。」
マスター「お!お客さん、ベルリン3部作だね〜。」
ワタクシ「ま、聴いたことは無いんすけどね(塩)。」


という感じでボウイの話題で盛り上がりたいね。
どうせ本人達は読みゃしないんで、好き勝手に妄想膨らむね。こんなんだから身の程知らずなんだろうな。

今年中にもう一発ぐらいはブログ更新したいな。
そいじゃ皆さん股ね〜。
| 酒井 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010.12.25 Saturday
今日はクリスマスですね。酒井す。

クリスマスと言えば、ボブ爺のクリスマス・アルバムが欠かせませんね。

101225_0333~01.jpg

これですね。Bob Dylan 『Christmas In The Heart』ですね。写真が無駄にデカイですね。ごめんね。なんで同じ物が4枚もあるのか?というと

バカだから

です。

でもね、正確にいうと違う物なんですけどね。

アナグロ盤が1枚。
未開封のアナグロ盤が1枚。
アメリカ盤のCDが1枚。
日本盤のCDが1枚。

ね、全部違うでしょ!

去年はWizzard(Roy Wood)のクリスマスソングのYouTubeを貼ったんだっけか?



今年はこれね。Ramones 『Merry Christmas (I Dont Wanna Fight Tonight)』で。コレ面白い。

CJが加入したてで、初々しいね。懐かしいヴィデオだな。高校生の頃何度も何度も観てた。




さて、キースが78年にリリースした初ソロ・シングルはチャック・ベリーのクリスマス・ソングのカバーでした。

むちゃくちゃカッコイイぜキース!!

一昔前はこの曲はレア盤でなかなか聴くことが出来なかったけど、今やiTunesやAmazonで気軽にダウン・ロードで買えるんだから長生きはしてみるもんだね。ワタクシも買いましたよ!ええ!
ちなみにオリジナル盤のシングルは裏面がジミー・クリフの名曲カバー「The Harder They Come」でしたが、現在ダウン・ロードで買えるヴァージョンはなんと!驚きの!「Pressure Drop」のカバー!しかもオリジナル・アーチストであるメイタルズとの共演!

よって、キースによる「The Harder They Come」はレア曲のままですが、盤にこだわらなければ簡単に手に入ります。ネットは怖いね・・。



ま、日本人はやっぱコレだね。山下達郎先生はやっぱ凄い!!何が凄いってこれは曲の構造(構成ではなくて構造よ)が凄いらしいぞ。ワタクシごときの作曲能力では創ることの出来ない複雑なコードの構造になってるらしいぞ!実際にコピーしたわけじゃないから「らしいぞ」ばかりになってしまったな。
高度な音楽理論を一般向けのポップスとして昇華させるってのはヒジョーにムズイことなのであります。

それが出来るのはポール・マッカートニーとブライアン・ウィルソンと達郎先生の3人だけなのです!

んなワケないか。もっとたくさんいるな(笑)。


と、いい加減な音楽論を語りながら、ケーキ喰って、酒飲んで、チキン喰って、皆さんお幸せに・・!じゃなくて、皆さんメリー・クリスマス!
| 酒井 | 03:27 | comments(8) | trackbacks(0) |
2010.12.23 Thursday
今日もヤケ酒ついでにブログるか!の酒井です。

もう酒でも飲まないとやってらんねぇんだよな。ウン。明日はザ・バイトじゃないほうのバイトが休みだしな。朝早く起きなくて良いからな。て言うかプレミアム・モルツって高いだけあってウマいね。ハンク・ウィリアムス聴きながら飲んでる。ハンク・ウィリアムスは最高だ。なんであんなに哀愁に満ち溢れているんだ。でも湿り気はなぜかあまり無いのも気持ちが良い。除湿された哀愁。まさにアメリカの音楽だ。日本では創れない。ハンク・ウィリアムスが生きてたら、音楽界はどうなっていたんだろう。多分何も変わらない。だってハンク・ウィリアムスは29歳で死ぬのが運命だったのだから。今の俺の7コも下かよ!

そういえばね、iPod nano買いましたよ。えぇ。聴力障害者に優しい(のか?)モノラル機能は大変ありがたい。


ほら俺の大好きなポールも宣伝してるしな。この曲大好きだぜ!ポール!



で、どう活用してるかと言うと、電車の中であえて「バナナマン」のポッド・キャストを聴くのよ。
で、笑いをこらえるの。
下を向いてこらえるの。
そういう我慢比べ的な使い方してます。

101223_0357~01.jpg

写真デカイな(笑)。携帯も5年ブリに機種変したのよね。まだ使い慣れてませんです。
ちなみにiPhoneじゃないですから。auの頑丈なヤツです。

iPod nanoの話題ですね。ホントに小さいんだね。掌サイズですね。この中にバナナマンのポッドキャストの全回が入ってるんですね。
ちなみにねアップルから通販するとメッセージを彫り込んでくれるのね。
最初は「Something Good This Way Comes」って入れようと思ったのね。
そしたら長過ぎてダメだって。ギャフン!がはは!
ちなみにジェイコブ・ディランの曲名ね。この曲大好き!歌詞も曲も素晴らしい。ワタクシの人生のテーマ曲に指定されています。

ジェイコブがダメなら親父ボブの登場ですよね。勿論。
というワケで、ボブ父さんのアルバム名『Together Through Life』を彫り込むことにしました。
音楽とそして貴方に、一生一緒に居て欲しいのだ。
iPod本体は一生は保たないだろうが(笑)。

というワケでどこかで『Together Through Life』と書いてあるiPod nanoを拾ったら、それはワタクシのでありますから、速やかに届けて頂けたら大変ありがたいのであります。
本当にさ、小さ過ぎて、落としても気が付かなさそうなんだよな〜。


今日は渋谷ネストでライヴです。
大好きなレーベル、レスザンTVの企画。
楽しい夜になりそうだ。

バイト・ヘッドの皆さん!モッシュ・ピットで会おうぜ!
| 酒井 | 03:09 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010.12.21 Tuesday
ホントにね続き書くよ続き。酒井です。

でもね今日も疲れてる。しかもワタクシはダスティン・ホフマンのように酔っぱらいたい気分なのだ。
ただたんにこの前「クレイマークレイマー」を観たから、ダスティン・ホフマンを引き合いに出してるだけなのだが。
また声を出して泣いてしまったよ。がはは。

でだ、例の座談会が今日から配信されてるらしいのだが、どこで配信されてるのかよくわからんのじゃよ。
ピザのお方でこのブログ読んでたらコメント欄にリンク貼ってくだされ。って、読んでるワケないから、誰か探してリンク貼って。
他力本願ブリが凄いな。
しかもワタクシはダスティン・ホフマンのように(しつこい)酔っぱらっているから、文章はどんどん酷くなるぞ。
これは予告じゃない。宣言だ(キリッ)!

で、座談会だな。もうその話題はイイか。

真実を語るということは大変けっこうなことだ。真実を語らないということもまた、大変けっこうなことであるのだな。
そういうことなのだ。

11月20日 渋谷Duo


これが曲順。写真で済ますのもまたヨシ。

この日は全曲で天才鍵盤奏者宮地君が参加してくれた。

我々の時間はお客さんは少なかったが、バイト・ヘッドの方は多数観てくれていたと思われます。
本当にありがとう。
この日は我々にとって一つのチャンスになるだろうと思っていた。
なので、とても良い演奏が、それも、気持ち良く出来た。

で、チャンスは掴めたか?というと、別に何のチャンスも掴みませんでした。ぎゃはは。
俺はもうここ数年「期待する」ということを止めているのさ。

ジュン君とバリカクだけは随分と褒めてくれた。バリカクは数週間たった後も褒め続けてくれた。
これはこれで大変ありがたいことだ。信用出来ない男だけど(笑)。

MCではピザ・オブ・デスのことを話した。ギースにOKB。2人共もういないけど、俺にとってはこの2人のスタッフがピザ・オブ・デスだった。情熱的な、よく働く変態達。ピザの事務所は下北のボロい一軒家だった。もう帰らない古き善き日々を思い出して胸がアツくなる。
イソ君にダイシ君に山田係長。昔からいるスタッフ達。このバンドでも関わりが出来るようになるとは・・!!
CBMDの皆には、この面でも感謝しなければ!

で、ライヴのMCで彼らに感謝を述べたところで、彼らは我々のライヴ観てないんだけどね。がはは。そんなモンよね。

この日は対バンも豪華だった。皆、昔から知ってる人達。今更ここで賛辞を述べる必要もない。誰も俺の評価なぞ必要としない人達。

でもカムバック・マイ・ドーターズに関しては書こう。彼らの企画だし、彼らが我々を認めてくれたのにはとても感謝している。
なぜなら彼らの様なバンドこそが俺の理想とするロック・バンドの形態だから。
彼らを目指して、俺は今のバンドを創ったのかも知れない。

トリを飾るにふさわしい堂々とした演奏だった。
彼らの演奏は印象派の絵画のように淡くカラフルだ。それでいてドラムとベースはドッシリと構えていて揺るぎがない。
彼らの歌と演奏を聴いたら、死者ですら微笑みを見せるだろう。
日本語で歌っていたらもっとダイレクトに、言葉が伝わるかもしれないのに・・!
いや・・!音楽は言葉の壁を超えて感情に訴えるものだ。だからカムバックはこれでいいのだな。
高本君の喜びも憂いもシニカルさも、全てポジティブに聴かせてしまうのは天性のものなのだろう。

彼らのファンにも我々を観てもらいたかったものである。と、なぜかここで口惜しさを滲ませてしまったな。ま、俺のブログだからイイか。ダスティン・ホフマンのように俺は酔っ・・(しつこい)。 がはは。


打ち上げも出た。その筋では有名なバンドの人達ばかり。浮かれた人達。まさしく俺の評価なぞ必要としない人達。昔は飛びこんで行けたが、今では無理だ。今も昔も俺とは居場所が違うのかも知れない。只、単に被害妄想に駆られているだけかも知れない。これは逆に言えば自意識過剰ということにもなるので、大変恥ずかしい(塩)。

アイドル・パンチのラッコと2人で話す。
彼は昔から、出逢った頃から、俺を貶し続けている。もちろん今でも。

15〜6年前 「おい酒井!OACは全然良くないな。ヤメろ。」「そうかい?」

7〜8年前 「おい酒井!BREAKfASTは全然良くないな。ヤメろ。」「そうかい?」

現在 「おい酒井!The BITEなんてやっとっても意味無いからヤメろ。」「そうかい?」
   「おい酒井!OACを再発しろ!出すなら今だ。」「オマエはホントにメチャクチャな奴だな。」

という会話が今後も続くのだろうな(笑)。
この日は珍しくラッコが自分の音楽的な理想を語っていた。

トロゴリやオイスカのシム君ともゆっくり話す。
シム君とライヴ中や打ち上げで話すのはとても面白い。
シム君はいつも等身大で衒いがない。
話の中身なんて思い出せない。楽しい会話というのは得てしてそういうものだ。

終電前に帰る。
帰る前に山田係長に挨拶。

「ピザもエピタフのようにAnti-みたいな傘下のレーベルを創りなさい(酔)!そこから我々をリリースしなさい(酔)!ジョー・ヘンリーやジャック・エリオットみたいなアルバム創るからよ(酔)!」

「うんうん、わかったわかった、酒井チャンお疲れさま」


盛りだくさんの一日だったな。
CBMDとPODにありがとう。
そしてDuoに来てくれたバイト・ヘッドの皆さんにもありがとう。
更に!俺にサインを貰いに来た小学生!ありがとね。サイン捨てちゃダメよ(笑)。


いや〜書いたな〜。一人称がいつもの「ワタクシ」じゃなくて「俺」になってるな〜。
パソコンが酔っパラっちまったんだなウン。トム・ウェイツみたいな言い訳でシヴイな。
「I Hope That I Dont  Fall In Love With You」が好きなんだけどさ、なんで『Used Songs』には入ってないのかね。ま、ベスト盤なんてそんなモンよね。

そいじゃ股ね。
| 酒井 | 02:48 | comments(6) | trackbacks(0) |
2010.12.17 Friday
を書こうと思う酒井です。
わんばんこ。

しかしね、今日は仕事中に胃が痛みだしてね。
終業まで頑張ったんだけど、帰りは悲惨だったね。ウン。
夜12時前の山手線でワタクシを見かけた方達、もしワタクシが泣いてるように見えたら・・それは胃痛のせいなのです。

ストレスか・・?それとも単なる空腹なのか?
ここは一つ現代人らしく「ストレス」のせいにしたいものである。

生きるために生きるのではなく、「本当に」生きたいものですね。

と、哲学的なことをツブやいて今日のところは幕!

しかし練習スタジオで撮った11月20日のセットリストの写真を載っけておこう。


こんな曲順でした!

ヨシ!これで義務は果たした(笑)!
続きは股明日。

そいでは皆さん股です。
| 酒井 | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010.12.16 Thursday
セットリストを書かないとな〜。酒井です。

その日は渋谷のデュオでライヴ。
渋谷円山町。蜘蛛の巣の様な、理解出来ない街。理解しようとも思ってはいないが。

デュオに行く前にエイジアで座談会をやることになっている。

急な坂を歩いて登って行くと、5人組の警察官達が坂をくだってくる。

嫌な予感がするが、彼らはワタクシの横をとりあえず通り過ぎる。

しばらくすると後ろから、獲物の血に飢えた本性を隠すように声を掛けてくる。
「すみませんが、防犯に協力してくれませんか?」と。
「持ち物を見せて頂けませんか?」と。

5人組に囲まれて身動きも取れない。

狭い路地に連れて行かれる。白い壁の塗装は惨めに剥がれ、コンクリの道路も所々剥がれて砂利が剥き出しになっているのが見える。
通りすがりの通行人は「どんな犯罪があったのだろうか?」と好奇な目でこちらを見る。

そこでは何の犯罪も起きてはいないのだ。

サディスティックで醜悪な覗き見趣味を持った変態達の欲求を満たす為に、一人のミュージシャンが犠牲になってるだけなのだ。

カバン、財布、ギターケース、ポケット、煙草のケース。

5人の変態達はワタクシを身ぐるみ剥がして代わる代わる覗き見る。
質問さえ投げかけて来る。とてもイヤミな奴らだ。

彼ら(その中には女もいた)は自分達の醜悪な覗き見の趣味を成し遂げることができて、とても満足そうだ。
王にかしずく忠実な家来のような喋りと表情をしながら、その面の下ではサディスティックな快感が頭のテッペンから足のつま先まで貫いているのだろう。

「御協力ありがとうございました!お気をつけて!」

こういう連中はファラオの一族の様に海に沈み、ゴリアテのように自らの武器で首を刎ねられ滅びれば良いのに、と思う。


ようやくエイジアの中の楽屋、座談会の場所につく。

司会進行のミノルしか来ていない。

ミノル相手にさっきの出来事をボヤく。

「酒井君は明るく楽しそうにボヤきますよね〜」だと。

持ち検(持ち物検査)されるのは一体何度目なんだろう?
色んな街で、ライヴ前にライヴ後に通勤途中に・・。
実はもう慣れっこなのかも知れない。全てを受け入れるフリをして段々バカになっていくのだ。


カムバックの高本君も登場する。ボヤきの続きを話す。

高 「酒井君、リュックは持ち検に狙われ易いですよ。俺はリュックからトート・バッグに変えたら全然されなくなりましたよ。」

酒 「トート・バッグ?あんなの持ってる男はオ◯マ野郎でしょ(笑)。」

高 「ジュン君なんてスゲェ大きいトート・バッグ使ってて、更に中から小さいトート・バッグが出て来ましたからね〜(笑)。」

酒 「(笑)どこまでも!な奴じゃのう。ジュン君は完全にオカ◯野郎だな(笑)。」


と、話してるそばからYSIGジュン君登場。

その肩にはしっかりと「大きめのリュックサック」がしょわれていた・・(笑)。


こんな感じで、座談会は朗らかに始まり爆笑に次ぐ爆笑で幕を閉じた。
この模様は4回にわけてどこかしらで配信されるらしい。
詳しくはピザ・オブ・デスのホームページに書いてあるのではないかと思うがよくわからない(笑)。


あ・・眠いから、皆さん!続きは股明日ね。
股ね。
| 酒井 | 02:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
2010.12.11 Saturday
101211_0744~0001.jpg
渋滞してるぜ〜
| 酒井 | 07:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE